2010年04月05日

イタリア料理教室>2010年3回目

今年3回目のイタリア料理教室!

今回のお料理&お菓子はこちら。
ライスサラダ>Insalata di riso
レモンケーキ>Torta al limone

まずはライスサラダのレシピ(5人分)。
お米300g、グリーンオリーブ&ブラックオリーブ適量、茹でたウィンナー4本、酢漬けのキュウリ3本、アンチョビ6枚、油漬けのきのこ大さじ2杯、ツナ1缶、茹でた海老150g、茹でたグリーンピース100g、塩抜きのケイパー大さじ1杯、1個分のレモン汁、塩、エキストラヴァージンオリーブオイル50cc、ゆで卵2個。

1)塩水でお米を炊きますが、炊飯器使用時はかためにお願いします。
2)炊けたらお皿で冷ましておきましょう。
3)オリーブを刻み、キュウリとウィンナーを輪切りにして、アンチョビも細かく刻んで、きのこも半分に切りましょう。
4)3)をボウルで混ぜ合わせたら、ツナ・グリーンピース・海老・ケイパーも加えて更に混ぜ合わせますよ~。
5)オリーブオイルとレモン汁・塩を混ぜておいて・・・
6)4)にお米を加えて、5)をかけてさらに混ぜましょう。
DSC05235

7)お皿に盛って、三日月形に切った卵を飾って食べるまで冷蔵庫で冷します。
8)はい、出来あがり!
DSC05238


次はレモンケーキのレシピですね(8人分)。
スポンジ: 小麦粉150g、砂糖130g、卵5個、バター25g、塩ひとつまみ、1個分のレモンの皮、ベーキングパウダー。
レモンクリーム: 卵の黄身4個、片栗粉大さじ2杯、1個分のレモン汁と皮、合わせて500ccの牛乳&レモン汁、砂糖120g。
レモン味のグラッセ: 粉糖250g、1個分のレモン汁、溶かしたバター大さじ1杯。

①スポンジ
1)卵の黄身と砂糖をよく混ぜましょう。
2)小麦粉を漉してベーキングパウダーと共に1)に加えます。
3)湯せんで溶かしたバターと塩を加えて混ぜますね。
DSC05229

4)卵の白身を泡立てておきましょう。
DSC05230

5)3)に少しずつ加えてゆっくり混ぜます。「ゆっくり」ですからね。
6)更にレモンの皮を加えて混ぜ合わせたら・・・
DSC05232

7)バターを塗って小麦粉を振った型に入れ、200℃のオーブンで30分焼きましょう。

②レモンクリーム
1)卵の黄身と砂糖をよく混ぜましょう。
2)片栗粉、熱い牛乳とレモンの皮を加えます。
3)最後にレモン汁を加えて3分くらい沸騰させましょう。
DSC05234


③レモン味のグラッセ
1)ボウルに粉糖を入れて・・・
2)レモン汁と溶かしたバターを加えて混ぜます。

④ケーキ
1)焼けたケーキを3枚におろしましょう。
2)間の2層にレモンクリームをたっぷりと・・・
3)一番上にはレモン味のグラッセ。
4)冷蔵庫でグラッセが固まるまで冷しましょう!
5)はい!出来上がり。
DSC05241


さてさて、両方出来上がったら後は食べるだけですが・・・
今回はお外で頂きます!
DSC05236


テーブルセッティングも完了です。
DSC05237


皆さんが食べてるところはこんな感じ。
DSC05242


櫻と青空と太陽と。
DSC05240


座ってると見えませんが立ち上がると・・・
テニスコートが下に見えます。
あ、この画像は食べてたトコからじゃなくて・・・
会場の「アプリコート」玄関からですけどね。
DSC05233


取り分けたライスサラダです。
イタリア風のちらし寿司?
ツナと海老よりも白身魚の方がオリーブオイル・レモン汁に合うかも?
DSC05239


こちらがレモンケーキ。
スポンジ、クリーム、グラッセすべてがレモン味。
酸味と甘味がいい感じです。
DSC05243


では最後に恒例の記念撮影。
この後テニスプレーヤーに転身するわたしはテニスウェア着用です。
DSC05245


この日はちょっと食べ過ぎたかな?
でもどちらもそれぞれ美味しかったですね。

次回は5月16日。
前日は「ワインを楽しむ会」。
またまた料理教室後にテニスですね。

無論参加します。
両方ともね。(^^)

neo_3 at 23:52│Comments(0)TrackBack(0)イタリア料理 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字