イタリア料理

2010年03月07日

イタリア料理教室>2010年2回目>本編

お楽しみの食事タイム!

いちごソースを食前酒代りにして食事スタート!
DSC04863


まずはリングイーネを頂きます。
茄子・ズッキーニ・海老のソース。
ミニトマトが入ってますがあっさり味のパスタです。
非常に美味いです。
これは家でもやりそうです。
DSC04864


そしてドルチェはいちごのティラミス。
ちょっとひねったいちごのヤツ。
これは初めて頂きました。
結構いちご好きなので気に入ったです。
これもオーブン要らずなヤツなので家でやりそうです。
DSC04867


この日頂いたワインは「金賞受賞」のフランスの。>ボルドーでしたっけ?
DSC04861


「イール・ラ・フォルジュ」。
ぶどう品種はカベルネ・ソーヴィニヨン。
2008年ものですね。
渋めの赤ワインはわたしの大好きなヤツですよ。
DSC04862


美味しくて家でも作れそうなパスタにドルチェ。
好みにピッタリの赤ワイン。
いつも楽しい皆と食事しながらの会話。
最後にテニスクラブのクラブハウスで〆の記念撮影です。
料理教室の8名+コーチ2名+トレーナー1名+アカデミー選手1名。
雨の日ならではの記念撮影でした。(^^)
DSC04870


帰りの電車内でも教育ネタ~政治ネタの会話。
雨降って本職テニスが無理だったですが・・・
十分楽しんだ一日でした。

この後はさらに難波~日本橋での買い物&立ち呑みもありましたしね。
その模様は明日アップする次の記事で。(^^)/

neo_3 at 23:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

イタリア料理教室>2010年2回目>ドルチェ編

お次はドルチェです!

今回のドルチェは・・・
「いちごのティラミス」。
"Tiramisu alle fragole"です。
DSC04849


材料(4人分)
マスカルポーネ・チーズ125g、卵1.5個、砂糖45g、サヴォイヤルディ12~14本、飾り用いちご4個。
いちごソース材料
マルサラ酒30cc、ブラッドオレンジジュース100cc、砂糖30cc、いちご180g。

1)洗ってヘタを取ったいちごを細かく切り、砂糖・オレンジジュース・マルサラ酒と混ぜたらラップをして冷蔵庫で一晩寝かせます。が、教室は4時間ですのでこれは先生が用意してくれてました♪
2)上のヤツからいちごだけを1/3取り出したら残りをミキサーで濃厚なジュース状に。
3)卵は黄身と白身を分けて、まず黄身に砂糖を入れて泡立てます。
4)卵の白身だけを泡立てて3)に少しずつ投入して「ゆっくり」混ぜましょう!
5)さらに先に取り出したいちごをいれて「ゆっくり」混ぜます。
6)容器にサヴォイヤルディを並べていちごソースをかけますね。
DSC04850

7)さらにマスカルポーネ・ソースをかけた1層目。
DSC04851

8)これを3回繰り返しました!
DSC04852

9)飾りのいちごでドレスアップしたら冷蔵庫で2時間ほど冷しましょうね。
DSC04853

10)冷したら切り分けて後は頂くのみ!(笑)
DSC04865


こいつはオーブンで焼く必要が無いので・・・
もしかしたら家でやるかもしれませんね。
分かりませんが。(^^;

ではこの後は頂くのみ!
本編は次の記事です。(^^)

neo_3 at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

イタリア料理教室>2010年2回目>パスタ編

今回のパスタはこちら!

画像が多目なので記事分割です。
まずはパスタから紹介しますね。

本日のパスタは「茄子、ズッキーニと海老のリングイーネ」。
"Linguine con melanzane, zucchini e gamberi"です。

材料(4人分)
リングイーネ320g、茄子2個、ズッキーニ1本、海老150g、ミニトマト200g、にんにく1かけ、エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル大さじ4杯、塩、胡椒

1)茄子とズッキーニを洗い小さめの角切りにして塩水につけること30分。
2)殻付きのまま海老は塩水で茹でますよ~。>出汁が出るので
あ、茹で汁は後で使うので捨てないでね。
DSC04848

3)大きめの海老は殻を剥いて小さくし、ミニトマトは半分に切って、にんにくはみじん切りにしたらソースの具の準備完了!
DSC04857

4)オリーブオイルでにんにくを炒めて野菜を投入したら水分が無くなるまで&柔らかくなるまで時々かき混ぜつつ煮る?炒める?
DSC04858

5)次に海老を投入して混ぜ合わせ、ミニトマトを加えたら、海老の茹で汁を少し加えてよく混ぜ合わせてね。
DSC04859

6)トマトの水分が出ていい感じのソースになったら塩胡椒で味を調整。
DSC04860

7)その間に茹でたリングイーネをソースの鍋・フライパンに投入して混ぜたら出来上がり!
DSC04856


出来上がりのパスタは次の次の記事で紹介!
次の記事はドルチェ編ですので・・・
もう少しお待ち下さい。(^^)


neo_3 at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

イタリア料理教室>2010年2回目>序章

雨の日は初めてですか?

今年2回目のイタリア料理教室は雨の週末開催となりました。
終わってからテニスが出来ませんので電車でGO!
・・・ってことは駅に着いたらアルコールです。(笑)

前回と同じかな?
TaKaRa焼酎ハイボール「すだち」。
すだちの香りがすばらしい。
「ドライ」の方がやっぱり好きですけどね。
DSC04844


大阪奈良線瓢箪山駅からテニスクラブの送迎バス。
会場は「カラバッシュ・テニスクラブ」内の『アプリコート』。
その本館の全景です。
DSC04846


こちらは入り口のトコにあるプレート。
元々レストランがあったのですが・・・
その厨房を使っての料理教室ですね。
DSC04855


そして入り口から東を望む風景がこちら。
天気が良ければ明石海峡大橋も見えます。
今日は無理。
DSC04854


さぁ、では料理教室が始まります。
受付で会費をお支払いして・・・
エプロンつけて・・・>わたしは酒蔵の前掛け
手を洗って・・・
準備しましょう!(^^)

neo_3 at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月20日

2/19(金)の夕食

パスタのみ頂きました。

晩酌?に先の記事の通りでっかいハンバーガー。
さすがに小食のわたしの胃袋にスペースは残ってませんね。

そんな訳でこの日はパスタのみ。
シーチキンの入ったトマトソースのヤツ。
DSC04660


ソース部分に近接したトコはこんな感じ。
DSC04661


本場イタリアでシーチキンは使わんやろぉ~、とは思いますが・・・
まぁ、自分で作るわけじゃぁないんで文句は口にせず。(^^;
お味はOKですので不問!

でもわたしの私見では・・・
邪道ですがね。(笑)

neo_3 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月18日

NHK教育テレビ語学講座

5ヶ国語をお勉強しています。
DSC04638


まずはここ3年になりますでしょうか・・・
火曜日夜に「中国語」。
なかなか難しくて40代で始めたのでさすがに上達してませんねぇ。(^^;
DSC04639


2つ目も火曜夜にお勉強の「イタリア語」。
こちらは既に10年以上お勉強中。
30代半ばに初めてそのうち2年か3年間はラジオ講座も受講。
そこそこモノになっています。
商談はムリですが移動中の会話はOKですね。(^^)v
DSC04640


3つ目は木曜夜の「フランス語」。
外大に通ってた時の第2外国語。
卒業当時は少~しだけ喋れました。
卒業後10年以上経た10数年前。
イタリア語を始めた時に再開。
今なら少しは喋れそうな感じですね。(^^)
DSC04641


4つ目は木曜夜の「ドイツ語」。
仕事で時に訪れるドイツ。
やっとかなあかんやろ~、ってことで8年ほど前に開始。
ラテン系言語より文法が複雑です。
はっきり言って「全然ダメ」状態ですねぇ。
でも続けますよ。
DSC04642


最後に金曜夜の「スペイン語」。
外大で第2外国語に第1希望とした言語ですが・・・
落選してフランス語が第2外国語に。
一旦「ふてくされ」ましたが2年生の時にNHKでお勉強開始。
当時はそこそこ会話できました。
フランス語と同じくイタリア語開始時にNHKでの再開。
同じように今ならそこそこ喋れますね。
DSC04643


わたしが外国・外国語に興味を持ったのは・・・
小4くらいの時だったと記憶しておりますが・・・
当時親父が営んでいた小っちゃなホテルでのこと。
近所にある大企業関連の泊り客と話す?機会がありました。

でも「まったくわからん」。
それがきっかけとなったような気がします。

その後小学生高学年から英語に積極的に接し始めて・・・
中学高校を経て大学は外大の外国語学部英米語学科。

海外との取引の多い会社に就職して・・・
そんな業務を担当する部署に配属。
その後転職した今も海外顧客担当職。

これは自分の描いた・希望したレールの上を進めていると云う・・・
「成功」と云える稀有なケースなのかもしれません。

当時そんな機会を与えてくれた親父に感謝すべきでしょうね。
残念な事に今はもうこの世にはいませんが。>合掌

neo_3 at 23:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年02月15日

2月14日(日)の夕食

イタリア料理を頂きました。

お昼にイタリア料理教室に参加した今年のバレンタイン・デー。
夕食もイタリア料理でした。
この日はお米を食べませんでしたなぁ。(^^)>日本のお米ね

頂いたのは~
ペペロンチーノのパスタと・・・
豚ロース肉のグリル。
豚肉にかけたのはタバスコソースの燻製バージョンです。
DSC04603

DSC04604


今年のバレンタイン・デーはこんな感じで・・・
「1日イタリア!」って感じでした。

イタリア好きなおっさんなので問題無し。
楽しい1日でしたね。(^^)v

neo_3 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

イタリア料理教室>2010年1回目

2月14日(日)は今年1回目のイタリア料理教室でした!

今回はリゾットとチョコのロールケーキ。
サン・ヴァレンティーノですのでわたしがチョコをリクエストしました。

ゴルゴンゾーラのリゾット>Risotto al gorgonzola
リコッタチーズとイチゴのチョコレートロール>Rotolo di cioccolato
ripieno di ricotta e fragole

まずはゴルゴんゾーラのリゾットのレシピ>4人分
イタリア米(カルナローリ)320g、玉葱1/4、ゴルゴンゾーラ100g、バター40g、辛口白ワイン50cc、コンソメスープ1L、蜂蜜大さじ1杯、タイムかオレガノ(適量)。

1)玉葱の皮を剥いてみじん切りに。
2)ゴルゴンゾーラの皮を取って角切りして常温で柔らかに。
DSC04580

3)鍋でバターを溶かして玉葱を炒めます。
4)米を投入して~
5)白ワインを加えて蒸発させましょう。
DSC04582

6)コンソメスープを加えて蒸発したら追加して・・・スープが無くなるまでこの繰り返しです。
7)塩・胡椒で調味したらチーズを投入して更に炊くこと2分。
8)火を止めて蜂蜜と加えてよく混ぜたら2分蒸らしましょう。
9)タイムかオレガノを振って食べます!

タイムかオレガノはお好みで。
DSC04591


ちょっとアップしてこちら。
香草を振る前ですけどね。(^^;
DSC04592


次はリコッタ・いちごのチョコロールのレシピ。>6人分
薄力粉20g、ココアパウダー10g、卵2個、砂糖50g、バター20g、板チョコ20g、バニラエッセンス適量、リコッタチーズ300g、蜂蜜大さじ2杯、大きめのいちご6個、パウダーシュガー適量。

1)薄力粉とココアパウダーを混ぜましょう。
2)卵と砂糖を攪拌して白くなるまでがんばります。
3)バターと板チョコを湯煎で溶かしますよ~。
4)は2)に1)と3)を入れてよく混ぜます!
5)プレートにシートを引いて流し入れましょう。
DSC04574

6)190℃のオーブンで約15分間焼きます。
DSC04578

7)焼けたのを湿らしたふきんで巻いてしばらく保存。
DSC04579

8)焼いてる間にクリーム用にいちごを刻みますよ~。
DSC04575

9)リコッタチーズ、蜂蜜、いちごを混ぜ混ぜです。
DSC04577

10)広げたロールにクリームを塗り、再度巻いて冷蔵庫保存。
DSC04583

11)冷蔵庫から出して、パウダーシュガーを振って、いちごで飾りつけ!
DSC04584

DSC04585

DSC04586

12)カットして盛り付けたら食べましょう!
DSC04596


こちらは切り落とした端っこ2つ&いちごを盛り付けた特別仕様。
わたしが頂きました。(^^)
DSC04597


この日頂いたワイン達。
白2本に赤2本ですね。
赤1本は開けずに残ったのはわたしが控え目だったから?
この後に本職のテニス選手でしたので。(^^)
DSC04590


こちらは赤ワイン2本と残ったゴルゴンゾーラ。
DSC04589


このチーズはフランスパンに塗って頂きました。
パンとチーズに赤ワインだけでも満足できるわたしです。
DSC04588


ではお腹も満ち足りたところで記念撮影!
まずはテーブルで第1弾。
DSC04595


そして後片付けを終えて帰る前に第2弾。
テニスクラブの玄関前ですね。
DSC04599


今年第2回は来月3月7日(日)となりました。
今年も「皆勤」を続けたいですね~。

それはともかくこの日のリゾットはぜひ家で作ろうと思います。
いつになるか不明ですけどね。(^^)

neo_3 at 23:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年12月07日

今年最後のイタリア料理教室です!

今年7回目で最終回!

確か2007年から3年間皆勤です。
特に料理好きでもありませんが・・・
参加者が女性中心なので続いているのでしょう。(笑)

それは別として・・・
今回のレシピです!
Rissoto con la zucca>かぼちゃのリゾット
Torta sbrisolona>トルタ・ズブリソローナ

まずはかぼちゃのリゾットの材料(4人分)から。
イタリア米320g、かぼちゃ400g、パンチェッタ50g、玉ねぎ(小)1個、オリーブオイル(エキストラヴァージン)大さじ4杯、パルミッジャーノ・レッジャーノ40g、セージの葉6枚、塩、胡椒、お湯1.2リットル。

まずは材料の準備から。
?玉ねぎをみじん切り、パンチェッタを角切り、セージを千切りに。
画像はパンチェッタだけで~す。>ちょいとピンぼけ
55a7877e.jpg


?かぼちゃを皮むきして角切りに。
d6e62f69.jpg


?後で入れるパルミッジャーノもおろしておきましょう。
この日は角切りしてプロセッサーにかけましたね~。>楽チン
ba3d63be.jpg


?鍋にオリーブオイルを入れてセージ、玉ねぎ、パンチェッタ、かぼちゃを炒めたら水を加えてかぼちゃが柔らかくなるまで煮込み!
2d19d3d9.jpg


?柔らかくなったら1/3を取り出して入れ替わりに米を投入!
ゆっくりかき混ぜながら水分が無くなって来たら湯を足して・・・の繰り返しです。

?いい具合に炊けたらさっきのかぼちゃを戻しましょう!
塩胡椒で味を整えてパルミッジャーノを投入して混ぜる!
蓋をして数分蒸らしたら完成です。(^^)
盛り付けたらこんな感じね。
df04283c.jpg


別の皿をもうひとつ。
かぼちゃたっぷりでもそんなに甘くなく・・・
パンチェッタ角切りの食感もナイス!
c8a30ed1.jpg


こちらはリゾットを食べる直前の記念撮影第1弾。
ちょっとおとなしいバージョンですね。
9fd65ceb.jpg


そしてもうひとつワインを手にしたバージョン。
こっちの方が動きがあっていいですかね?
84315dc0.jpg


では次にトルタの材料(8人分)。
小麦粉200g、とうもろこし(粉)200g、アーモンド・プードゥル200g、砂糖150g、バター120g、ラード100g、卵の黄身2個、レモン1個、バニラエッセンス、塩、パウダーシュガー。

?小麦粉、とうもろこし、アーモンド・プードゥル、塩、砂糖を混ぜましょう!
?卵、おろしたレモンの皮、バニラエッセンスを加えてさらに混ぜましょう!
?バターとラードを加えて・・・まだ混ぜるんですか?(笑)
あ、でも今回のは大して力は要りませんよ~。
c67a23ee.jpg


?ケーキの型にバターを塗って小麦粉を振り生地を入れ、180℃のオーブンで約1時間焼きましょう!
焼けてすぐに切ったところはこんな感じ。
0edd3b1d.jpg


?食べる前にパウダーシュガーを忘れずに!
おいしそうに仕上がりましたね~。
あ、おいしそうじゃなくて、おいしかったですよ!
32f16f11.jpg


そしてこの日頂いたワインはこちらの2本。
マルケ州の白はぶどう品種、忘れましたなぁ。
赤はウンブリア州のサンジョベーゼ。
どちらも美味ですぐに無くなりました。(笑)
77b803b0.jpg


さて楽しみながら作って食べたら後片付け!
みんなでやるからすぐに終わりますよね~。
それでは解散前恒例の記念撮影をテニスクラブの玄関前にて。
3eab414d.jpg


今年の7回も楽しめました。
2010年の1回目は2月14日だったかな?
来年も皆勤できるでしょうか?
がんばってみましょうかね。
ではまた来年!(^^)


at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月11日

フィアスケッタ@瓢箪山

わたしが所属するテニスクラブがある東大阪市の瓢箪山。
駅の北西にある人気のイタリアン・レストランです。

でも・・・
前を通ってるだけです。(笑)
9bd5efc9.jpg


いつもはテニスから帰る時にお店の前を通るのですが・・・
今日は上の画像を撮影するために行く時にも通りました。

行かれた皆さんがお勧めのお店です。
わたしは車でテニスクラブに行ってるので飲めません。
そんな理由で行ったことがないんですね。

でも皆さんのコメントを見てると行ってみないといけませんね。
いつになるかわかりませんが・・・
いつか行ってみます!

ホンといつだろ?(笑)

at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)